薩摩のリンゴ?? - 自然風 サバイバルエコライフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薩摩のリンゴ??

巷では密かに「ローフード」が流行っています
ようは 48度を超えると多くの有用酵素が死んでしまうので、動物のごとくできるだけ生で食べれるものは食べましょう ということと解釈しています

今回の風邪をひいてから サツマイモをよく生で齧っています
加熱すると確かに甘くはなるみたいですが
多くの有用なものが死んでしまうんじゃないかと感じていています
それは 身体で実験してそう感じるからです

実は、先日近くの どんと焼きでいただいたサツマイモ(皮が赤くて中が白)を生で齧ると
リンゴに良く似ています
そして なによりも体調がすこぶる整う感じがします
身体の芯もあったまってきて、、、とくに 今回の風邪が治ってから更にそう感じています

以前 何かの本で 加熱した澱粉はすぐに熱に変化して
加熱しない澱粉は腸に移動して腸を整えゆっくりエネルギーに変化する


2010-01-15-001b.jpg
今まで生で美味しかったサツマイモは
この写真の芋(ベニサツマ)リンゴのように美味しいのです

山川ムラサキ
安納芋
です(自然農栽培がベストですが)

「サツマイモを生齧りして 僕はイノシシのように逞しく生きるのだ!」
関連記事
コメント
非公開コメント

No title

猿も生イモが大好きらしい
101匹目の猿のように全国に広まるかも~(笑)
今年もよろしく!
愛ちゃんも愛かわらずのようで~よかよか ^~^

2010-01-15 22:31 | from むらざと変臭長 | Edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。