十五夜綱引き&相撲 - 自然風 サバイバルエコライフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十五夜綱引き&相撲

10月3日は 中秋の名月、、、昭和40年代の想いでは、
十五夜が 綱引きで、16夜は、相撲大会と肝試しをやっていました
夏休みに 子ども会の面々は3人ぐらいでリアカーひいて、各農家を回って
藁を集めて、近くの神社は藁でぎっしり、、そこでよくモグラ遊びをしていました
十五夜が近づいてくると、大人3人に依頼して、鳥居に引っ掛けながら長い綱を編んでもらっていました
今は 子供数が少なく、また藁も集まらないので、大人が音頭をとってやっています(根占滑川地区)

昼3時ごろから大人3人で綱つくりです(稲刈りで間に合いませんでした)
綱引きにも間に合いませんでしたが、相撲にはなんとか間に合いました

校庭に綱で外周の輪をつくりその中に藁を敷いて、、土俵の準備完了!

まずは 子供同士の相撲、、
2009-10-03-009b.jpg

それから 親子対決、、、

そして、終わりかけた頃に、、、なんと うちのかみさんが、やる気満々、、、
相手は、小学高学年の見るからに強そうな女の子、、
2009-10-03-020b.jpg
仕切りなおしもあったり、、かなり白熱した結びの一番でした
やっぱり ビーチで練習した甲斐があったな~
相撲は全身運動、、足腰も強くなるよ、、
アマゾンのメイナク族の女性もやっているよ

東の空には、「朧満月」
2009-10-03-021b.jpg


関連記事
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。