大潮の日は「ミナ捕り」・・・ - 自然風 サバイバルエコライフ

大潮の日は「ミナ捕り」・・・

昨日は 旧暦の6/3日 大潮で午後3時前に干潮になります

鹿児島では 昔から 「ミナ捕り」という 潮干狩りが家庭の行事としてありました

縄文の遺跡にも「貝塚」というのがあることから 少なことの縄文の昔から続いていると
思われます

最近は漁業組合の監視があるので アワビ、サザエ、伊勢海老、などは自由に捕れませんが
販売価値の少ない小さな貝など 大目に見てくれるでしょう

午後2時前・・・炊きたての古代米ごはんを弁当箱に入れて 家内と磯へ・・・

ここからは 直感の世界・・・・


「ここだ!」と感じた大きめの石をひっくり返すと・・・・

2012-07-21-002k.jpg
多分 上がクロミナ・・・下がアカミナ・・・



2012-07-21-001k.jpg
これは 可愛い宝貝の子供・・・写真だけとって元の位置に・・・



2012-07-21-003k.jpg
今日の収穫・・・ 2人と一匹には 充分すぎますね・・・


そして  家に持ち帰り しばし 水を浸して 砂抜きです・・

塩を加えて茹でます・・・・


巻き貝は、 まち針で中心部を斜め下に刺して ぐるぐる・・・

2012-07-21-006k.jpg


苦いものは薬だと言われて よく食べさせられました・・・
2012-07-21-007k.jpg
これは ニガミナと言っていましたね・・・ニガイ・・・もう一つ・・・(^こ^)


子供の頃を思い出すと・・・マクリとわれる海藻も一緒に採っていて 煎じて飲めば虫下しでした

ミナ捕りは ハイキング兼 貴重なタンパク源収集日です
この日だけは 信じられないほど重い石も持ち上げてしまいます
まったく不思議・・・磯パワーです・・・そして 磯で食べるおにぎりは 格別に うまい・・・

普段は ベジタリアンの家内も ミナは 食べれます・・・ これも不思議・・・






関連記事
コメント
非公開コメント