向原よしたかさんが南大隅町にいらっしゃいました - 自然風 サバイバルエコライフ

向原よしたかさんが南大隅町にいらっしゃいました

6/12日 県知事選に立候補されている 向原さんと 元東京都国立市長の上原公子さんが南大隅町に来られました

実は ちょっとハプニングがありました・・・・・後記で

隣の錦江町からも含めて約50名が参加されました

向原よしたかさんは 1992年35歳で東京の広告出版会社を辞めて田舎暮らしがしたくて鹿児島にUターンされましたが・・・
近くに川内原発があることを知り これでは安心して田舎暮らしが出来ないので 96年には「反原発かごしまネット」を創設
93年には 鹿児島や南九州の暮らしや植生などを主に紹介されている「南方新社」を創業  鹿児島川内原発でもし事故が起これば日本の危機であることなんとか伝えて 鹿児島から脱原発を実現する想いで 今回の知事選にチャレンジされます

お話の内容は 福島原発事故のときはほとんどが偏西風で放射能が海の方に流れていったけど もし 川内原発で事故が起これば 日本のかなりのエリアが汚染される・・・・ 日本列島は地震の密集地で世界の地震の約20% そんなところに50機以上の原発を作ること自体がおかしい・・・原発は事故がなくてもかなりの放射能と温排水を排出している・・・川内原発周辺での異常現象(桜の花びら、医療費がかなり高い、サメやウミガメの死など)  そして 鰻とりのエピソードなど わかりやすく 笑いもありでした。   上原公子さんは 宮崎生まれで 1999年に東京都国立市長に当選され2期8年市長を努められています その時の お話や 向原さんと応援する理由など   市長を努められたとは思えないほど気さくでニコニコわかりやすくいろんなお話をしていただけました

2012-06-12-001k.jpg

終わってからは 大浜の保養所で 交流会・・・ とっても楽しいひとときでした  あまりにも 楽しくて 気がついたらAM1:00でした  こんな気の合う仲間が 日本中あちこちにスポットで増えていくと いずれは お互いに繋がっていけるのかな~
上原さんみたいな方が 副知事にでもなっていただいたら 素晴らしいと そう感じさせられた出会いでした

2012-06-13-001k.jpg
左から 上原さん、 Kさん、愛ちゃん(今回の歓迎の舞は マーさんのクルミの殻楽器でした)

向原さんご一行は 翌早朝に薩摩川内に向けて出発されました

鹿児島から 大きなムーブメントが起こるかも・・・

向原よしたかさんについては この資料がお勧めです
もし 鹿児島にお知り合いがありましたら ご紹介くださいね!
http://mukohara.net/images/contents/download/bill.pdf

向原よしたかさんのサイト
http://mukohara.net/

yahooニュース記事です

向原よしたかさんのプロモーションビデオ(10分)是非ごらんください


PS: 実は ちょっとしたハプニングがありました(詳しくは 続きを読むにて)
実は 急遽 ビデオプロジェクターが必要という依頼がありましたので 瀬戸際で準備できたのは良かったのですが
肝心のプロジェクターの電源が入らず 結局 準備したものの使えない状態になったのでした

それでも 向原さんは ニコニコして 持ってきていただいていた印刷資料で 何の問題もなく 講演は進行していったのでした

尊敬すべきは  「電気に頼ってばかりいると こんな時に 困ってしまいますね 昔は 冷蔵庫が無くても まったく問題なく元気に暮らしていました どんな環境でも 滞り無く 暮らしていける柔軟さが 大事なんです」

ピンチをチャンス・プラスに変える向原さんは 本当に尊敬します
関連記事
コメント
非公開コメント