紫サツマイモの収穫 - 自然風 サバイバルエコライフ

紫サツマイモの収穫

昨日は 紫サツマイモの収穫でした

なぜ 紫サツマイモかというと・・・

病害虫や環境変化に強く 葉っぱも美味しく 身体にもいいからです

甘みは ベニハルカほどではありませんが ほどよい甘さです


2011-12-06-004k.jpg
右が サツマイモ・・・最初は隙間なくツルがおい茂っていますが 最初は 列の境目を分けてから
鎌でツルを10cmぐらい残して切っています
左は 昨日刈り終わったソバの後です


2011-12-06-003k.jpg
手袋して手掘りです
指の筋力トレーニングにもなり イモの付き方も分かり なんせ 宝探しみたいなワクワク感が味わえます



2011-12-06-001k.jpg
これが大事・・・ 収穫後は 芋づるをもとに戻して 土を露出させないようにします
こうすることで 土壌が保温されて 微生物などの小動物が 冬の間も活動してくれて さらに豊かにしてくれます


2011-12-06-005k.jpg
イモは そのままでは あまり 美味しくないので 何日か日向で干します
そして 畑に穴を堀り 冬越しです
土の中は 年中 15度ぐらいをキープしていますので 天然の保存庫です
雨がかからないように 工夫する必要がありますね

今年は 7/17日に つる挿ししましたので 約140日で収穫です
肥やしは草だけで 大量に草が集まる夏場に 畑の片隅に積んでおきます 発酵分解してほどよくなったものを
少量 上に被せるだけです  自然はもともと豊かです 人が多少手を加えるだけで どんどん豊かになっていきます

関連記事
コメント
非公開コメント