30年ぶりに蘇った!引力時計 - 自然風 サバイバルエコライフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30年ぶりに蘇った!引力時計

30年ほど前 丁度 イランイラク戦争の時に 私は テヘランから 陸路トルコ経由で
スイスに脱出しました 多分 その時に 土産で買った カッコー時計を
オークションに出品しようと 思いきや 分解して動かない部分に 油を挿したりして
そして なんとか 動くようになりました

そして 動作確認のために リビングの柱に 設置しました

そしたら これが なかなか いいんです

一日に 2回ほど 2本のチェーンを 引いて 松ボックリ状のオモリを 上げます

振り子の飾りの位置で時間のズレを調整して

毎時刻になると 上部の 窓が開いて カッコーが出てきて
同時に その時刻の数だけ 左右の笛で「カッコー」が鳴きます

これが とても 心地いいのです

ということで オークション出品は やめました
2011-06-11-001b.jpg


メオンも 気持よく お休み中
最近は 米袋が お気に入りの様子です
(大雨の日は 一日中 こんな感じです 猫はいいね~)
2011-06-11-003b.jpg


コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。