2011 もみ蒔き完了! - 自然風 サバイバルエコライフ

2011 もみ蒔き完了!

5月に入り 雨が多いですが・・・

5/2 と 5/4 は 晴れていたので 自然風もみ蒔きです


1,まずは 草刈・・・表面の草を刈ります

2,そして スコップで切り込みを入れます
  畝幅は 自分が両サイドから座って草の管理が出来る幅がいいので
  マーさんの場合は約90cm(畳の幅)です

3,さいの目に切り込んだところを備中鍬の背で叩いて土が離れやすく
  した後に根を取り除きます(とても ええかげんです)
2011-05-02-002b.jpg

4,モグラやオケラ対策のために 周りに溝を掘ります
  まず 備中鍬で大雑把に土を畝に上げて 平鍬で仕上げます

5,そして 板で凸凹を平にします
  固めると 下からの水分が上がりやすくなり
  また 発芽が均等になります
2011-05-02-003b.jpg

6,種モミを蒔きます
  境目は分かりやすいように竹を置いています
2011-05-02-004b.jpg

7,別の所から 深いところの土をフルイで丁寧に土をかけます
  種モミが 見えなくなるまで

8,去年の藁を鎌で20cmぐらいに切って 丁寧にかぶせます
2011-05-04-001b.jpg

9,草刈した草をたっぷりかぶせます
 稲の発芽には 光は必要ないので暗くても大丈夫です
 しっかり 草を被せることで 鳥害や乾燥を防げます
 芽が出てきたら逆に 草を薄くしていきます
 芽が出てきたら 光が必要になります

ほとんど雨が降らない乾燥した年でも 草をたっぷり被せることで
 地下の水脈と繋がり 水を1滴も撒かなくても 発芽することを発見しました
2011-05-04-002b.jpg
奥の1つは 表面の草の根を鍬で削っただけの状態で モミを蒔いてみました

☆ 発芽はだいたい2週間ぐらいかかりますが 気象によりますので
 10日ぐらいしたら まめにチェックする必要があります

今年は 11種類の 稲の種を撒きました

もし 放射能汚染が じわじわ 地球を覆ってきたとしても
野性的に育った自然農玄米に 救われそうな 気がしています



関連記事
コメント
非公開コメント

No title

あ、これを読んで草をかぶせるのを忘れてました。わらを敷いたままです。雨がやんだら草をかぶせようかな。3日に蒔きましたが、今日数本の芽が見えました。

2011-05-11 10:23 | from しん

No title

発芽が始まったら 光が必要ですので 被せを薄くしていく必要があります

2011-05-11 19:14 | from koiwa | Edit