「サバイバルエコライフへの道(5)」 - 自然風 サバイバルエコライフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「サバイバルエコライフへの道(5)」

2011/04/10●○●○●●○●○●●○●発行部数 52

マーさんの【サバイバルエコライフ】塾

Vol013 「サバイバルエコライフへの道(5)」

◎──────────────────────◎

さて Vol009の続きです

炭焼き窯づくり以来 わが家に住み着いてしまった
今の家内・・・


強度の化学物質過敏症・・・


石油ストーブにも敏感なようで・・・


冬場は外気温 マイナス13度にもなる黒川という岐阜の山ん中


とうとう 薪ストーブを入れることにしました

とは言っても 高価なものは買えないので

薄い鉄板で出来た 時計型ストーブを導入しました

確か 本体は ¥4000ぐらいだったと思いますが

煙突(ステンレス)Lジョイント全部含めて¥10000ぐらい

それに レンガ30個ぐらい

¥20000以下には 収まっていると思われます

念願の薪ストーブ・・・


家のすぐ2つ隣が 製材屋さんだったり

他に 木工屋さんもあり 間伐材もあり

ほとんど 燃料代はタダです

ありがたいですね  田舎暮らしの醍醐味です

2002年から時計型ストーブ使い始めて 今年で9年目です

鹿児島でも重宝しています

家の中で火を焚くと 氣の循環がよくなり 居心地が格段に違いますね

石器時代の昔から 家庭の中心には火があったのです

火を中心に 家族や友人と語り合い 人々の暮らしは 面々と

続いてきたのです(つい最近まで)

この 時計型薪ストーブは 日本人の暮らしに とても

マッチしていると思います

すぐに 暖まる

調理に適している

梅雨時には乾燥機として重宝

煙が外に出ていくので 健康にもいい

安価である(今はステンレスバージョンにしています)

メンテナンスや移動が簡単

これは 鹿児島に移動してからの様子です
http://shizenfu.blog22.fc2.com/blog-entry-148.html

岐阜でも
http://shizenfu.exblog.jp/i12/2/


もし 災害で ガスや電気がなくても
調理ができて 暖がとれますね

大きい穴のほうでご飯炊いて

小さい方では お湯を沸かして

鉄板の上では ごま炒り器で 落花生を炒ったり ケツメイシを炒ったり

ストーブの中の灰の中では さつまいもを焼いたり

フル活用しています


次回は いよいよ 脱冷蔵庫!

お楽しみに





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

■編集後記

 Google Docs(無料)を使って簡単なアンケートを作ってみました
よろしければ ご協力お願いいたします
shizenfu.com/ak/saba-1.htm


 Facebookで「サバイバルエコライフ」のグループページを
作りました(ファンページは扱いがよく分からなかったので)
どうぞ 気軽にご感想ご意見ください
http://www.facebook.com/home.php?sk=group_202344199780083

もし Facebookのことが まだ よくわからない という方は
こちらを参照ください
http://blog.social.ferret-plus.com/2011/01/facebook.html


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

あるある できるできる やってみよう (^こ^)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

● マーさんの自己紹介 :http://shizenfu.blog22.fc2.com/blog-entry-182.html
● ブログ自然風    : http://shizenfu.com
関連記事
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。