マンガを通じて楽しいエコな未来を想像しよう - 自然風 サバイバルエコライフ

マンガを通じて楽しいエコな未来を想像しよう

自然農MLで新井さんが紹介されたサイトです

そのまま引用します

。。。。。。。。。。。。

新井です。

たまたま知った、秋元なおとさんのマンガ。
個人誌として発売されていたようですが、
現在、増刷予定中とのことです。
Webで全部公開されているので、
ぜひご覧ください。
きっと、将来こんな世界だったらいいなと思えるはずです。

作者サイト
http://www14.big.or.jp/~hitotu/eco/


■カカ島区博物誌 1996-1997
http://www14.big.or.jp/~hitotu/eco_kaka/hakubutu.htm

いのちのサイクル(食べもの)と、
くらし(モノやエネルギー)とを各地域内でまわすことを基本にした世界。
ある島国から提案されたために「島区制」と呼ばれるこのシステム。
「カカ島区博物誌」では、
400年先のそんな世界を
21世紀の不思議な訪問者の視点からファンタジックに描きます。


■カカ島区生活読本 2004-2008
http://www14.big.or.jp/~hitotu/eco_kaka/seikatudokuhon_web/seikatudokuhon.htm


ボクはどうにも怖がりだから 将来
石油や原子力を使わない選択をしたり
使えない状況になった時にも
心乱れることなく みんなの知恵と体力で
楽しい生活を送ることもできるよね 大丈夫だよね っていう
自己暗示の意味もこめて このマンガを描いているような気がします

そして それがもし可能なら
「地球がもし100人の村だったら」の村人全員が
それぞれ楽しく豊かな生活ができる気がします
力関係だけにたよらない
バランスのとれた世界を夢みて





関連記事
コメント
非公開コメント