災害地域への連絡方法 - 自然風 サバイバルエコライフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災害地域への連絡方法

◆地震地域への、電話使用は緊急時をのぞいてNG


使える電波回線には限りがあり、
心配だからといって、携帯電話などを使っていると

・本当に緊急で電話を使いたい人が混線で使えない

という状況が起こります。
(というか、すでに起こってるみたいです)


独りよがりの為に、本当に必要な人の迷惑にならないよう
緊急でない場合は

NTT伝言ダイヤル:171

などをご活用ください。


NTTが提供している災害伝言ダイヤルを
お使いください。


災害伝言ダイヤルは1度に800万件の
処理能力があるようなので
回線がパンクすることはないでしょう。


下記が使い方です。




【伝言の登録】


1.ダイヤル「171」の後に「1」。

2.自宅の電話番号を市外局番をダイヤル

3.伝言 例「○○です。無事です。○○にいます。」
(伝言内容は30秒以内)

※伝言保存期間  録音してから2日(48時間)
※伝言蓄積数  1電話番号あたり1~10伝言


【伝言の再生】

1.ダイヤル「171」の後に「2」。

2.連絡を取りたい相手の電話番号を市外局番をダイヤル
(登録されたメッセージを聞くことができます)


【利用できる電話】

一般電話(プッシュ回線、ダイヤル回線とも)
公衆電話
携帯電話・PHSからも利用できます。
(一部の事業者を除きます。)


関連記事
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。