断捨離メルマガより - 自然風 サバイバルエコライフ

断捨離メルマガより

断捨離メルマガからの引用です

----------------------------------------------------------------------

◆断捨離コラム
「プラナヤマ」と断捨離と食事法

----------------------------------------------------------------------

ヨガの第3段階は、「プラナヤマ」。

「調気法」と呼ばれる、体の中からの訓練法。
大きく、ふたつに分けると、
ひとつは呼吸法で、もうひとつは食事法ですね。

プラナヤマは、「プラナ」という「気」を、
存分に心と体に取り込んでいくこと。
それが、呼吸法では、酸素という「気」であったり、
空間に存在する「気」であったり。

食事法で、取り入れるものは、栄養という「気」。
いえいえ、違いますね、それでは、考察が浅いかなと。

食事法で、取り込むのは「いのち」。
ビタミン、ミネラルといった栄養素のレベルではなく、「生命」そのもの。
だって、食べ物はすべて、もともと「いのち」ある存在だったわけで。

食事法とは、動植物の命を、自分の命に、置き換え行法です。

だからこそ、無駄な殺生という過剰な取り込みは慎み、
取り込んだかぎりは、美味しく食べて、自分の命に置き換え、
生かし切っていかないと、申し訳ないですよね。

これは、太るとか、体に悪いとか、まずいとか、
どうのこうのと、ああだこうだと、ゴタクを並べつつ、食べるくらいなら、
口にしなけばいいのであって<=断>。

取り込むときは、美味しいと、自分が感じられる質と量まで。
取り込んだかぎりは、ちゃんと消化吸収自己化する。
そして、言うまでもなく、排泄<=捨>まで、きっちりと。

それは、モノでも一緒。

自分が、きちんと生かしきれる量と質を、厳選して取り込む。
厳選したモノを、愉しんで、使いこなし、使いきる。
そして、最後は、きちっと始末をつけて、
「美味しい、ご馳走さま」の「有難う」。

住空間のプラナヤマ、はい、Let's danshariです。

----------------------------------------------------------------------

◆断捨離 Q&A 「家族は何人ですか?」と問われるけれど

----------------------------------------------------------------------

我が・通称「断捨離ハウス」に、ご来訪のお客さま方のよくある質問。

「何人家族ですか?」

おそらく、これだけモノが少ないのは、家族が少ないから・・・
そう思っての、ご質問なんでしょう。

もちろん、推察どおりの少人数、
しかも、散らかすような小さな子供はいない。
けれど、この質問を頂戴するたび、いつも感じること。

ああ、ご自分を責めておられるのだろうと。

モノが溢れている家、きっと、心の奥では、良くないと思っている。
けれど、思うにまかせない片づけ作業。

だから、片づいている家をみると、
自分をエクスキューズする理由探しを始める。
家族が少なければ、片づけられるのは当たり前だよね・・・と。

そして、家族が多いから、子供がまだ小さいから、
夫も協力的でないし・・・
と、諸々の「出来ない」探しを始める。

「出来ない理由探し」・・・
これは、誰もが持つ、心の癖のようなものかもしれません。

断捨離とは、片づいていないことを責めることではなく、
ましてや、片づいていることを、誇るものでもなくて。

断捨離とは、自分の「出来ない探し」をするのではなく、
自分の「出来ること探し」をしていくこと。

断捨離とは、「出来ないこと」ではなく、
「出来ること」に焦点をあてていく、
そんなトレーニング。

そして、小さな「出来た事」を、少しずつ積み上げていくこと。

そうすれば、結果は、自ずとついてくる、
たとえ、時間はかかったとしても。

――――――――――――――――――――――

やましたひでこ公式HP ◆断捨離.com◆
日々是ごきげん 今からここからスタート
http://www.yamashitahideko.com/



関連記事
コメント
非公開コメント