【サバエコ】007 「サバイバルエコライフへの道(2)」 - 自然風 サバイバルエコライフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【サバエコ】007 「サバイバルエコライフへの道(2)」

2011/02/20●○●○●●○●○●●○●発行部数 42

マーさんの【サバイバルエコライフ】塾

Vol007 「サバイバルエコライフへの道(2)」

◎──────────────────────◎


前回の内容はこちら
http://shizenfu.blog22.fc2.com/blog-entry-218.html


さて、F田さんとのご縁で 岐阜白川町黒川に移住が決まったところまで
お話しましたが

その1年ぐらい前から ちょくちょく名古屋から黒川へは
遊びに行っていました

名古屋からは 同じく名古屋に住む W田さん親子と
車に便乗させていただいていました

W田さんは、田舎の休校で私設図書館をする夢がありました

F田さんの紹介で 二人は共同で畑を借りて土日百姓を楽しんでいました
W田さんの男のお子さんも夏は川遊びもできるので大喜びです

そんな風で まえまえから その土地となじんでいたわけです

そうこうしているうちに 黒川ファンになったという流れなんです


引越しでまずの課題は 家探し・・・

半分川にかかったようなF田さん近くの小さな一軒屋に ほぼ
決まりかけたときに F田さんより「もっといい家があるよ」
との情報が入りました

そこは もともと 昔繁盛した料亭で 母屋と広間と元お店の3家屋が引っ付いたような
大きな家でした

実は そこには 御婆さんが住んでいましたが 10年以上前に亡くなられて
荷物もほとんど そのままでした(田舎の空き家はこんなケースが多い)

一応 人一人住むスペースを確保して 荷物の移動です

ありがたかったのは F田さんの親戚が 陶器収納用の桐箱作成の会社を
経営されていて その会社が休みの日に トラックを借りて名古屋まで
荷物運びに来ていただいたのです 感動しました

都会では なかなか そんな関係は築きにくいですね!

念願の「田舎ぐらし」の始まりです

F田さんは 「地域おこし」に とても熱心で
個人で「むらざと通信」という ミニコミ誌をつくり
白川町の各家を歩いて配って回ったというすごい人だったのです

その後 F田さんのご家族の方とは随分とお世話になることになったのです

F田さんの 父 Y雄おじさんは 川沿いに炭焼き窯をもっていてときより
竹炭や炭コタツに使うナラ炭を焼いていました

よく F田さんとは 神社近くの休耕田の草の上で 寝転んで
いろんな夢を語っていました

ある日 こんな話をしました

「朝市をはじめよう!」


(つづく)


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

■編集後記

  自分の想いを分かってくれるキーパーソンは大事ですね
そこから ご縁が広がっていきます

新たに Facebookで「サバイバルエコライフ」のグループページを
作りました(ファンページは扱いがよく分からなかったので)
どうぞ 気軽にご感想ご意見ください
http://www.facebook.com/home.php?sk=group_202344199780083&ap=1

もし Facebookのことが まだ よくわからない という方は
こちらを参照ください
http://blog.social.ferret-plus.com/2011/01/facebook.html


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今週も きっと 楽しい 一週間
お陰さまで うれしい たのしい しあわせ ありがとうございます(^こ^)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

● マーさんの自己紹介 :http://shizenfu.blog22.fc2.com/blog-entry-182.html
● ブログ自然風    : http://shizenfu.com
● サバエコグループ  :http://www.facebook.com/home.php?sk=group_202344199780083&ap=1
● 解除はこちらです  :http://www.mag2.com/m/0001238054.html
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
関連記事
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。